歯周病の恐怖から考える歯科治療の大切さ

>

歯周病は糖尿病の合併症の一つだった

歯周病と糖尿病 悪影響を及ぼしあってる

一見関連性はないように思える歯周病と糖尿病ですが、実は、この二つの病気には深い関係があるのです。まず、糖尿病だと歯周病に二倍かかりやすいと言われます。これは糖尿病になると細菌に対する抵抗力や組織の修復力の低下が生じるため、それらが歯周病を悪化させる原因となっているのだと考えられます。
次に、歯周病が糖尿病に与える影響としては、歯周病が重症化すると血糖のコントロールが悪くなります。歯周病により生成される物質がインスリンの働きを妨害するため、血糖が下がりにくくなってしまうのです。
このように歯周病と糖尿病は深い繋がりがあります。この関係を上手く生かし口の中の健康維持に努めるとともに、身体全体の健康を維持しましょう。

歯周病を治療すると糖尿病も改善できる

最近、歯周病は糖尿病と密接に関わっていることが分かってきました。なんと歯周病を治療することで血糖コントロールが良くなり、血糖を下げる働きをしているインスリンの抵抗性までが改善されるのです。
インスリンの抵抗性とはインスリンの本来もつ効果が発揮されていないこと状態のことを指します。インスリンは普段、血糖濃度を下げる働きをしていて血糖値を正常なものにしています。ですから、その効果が発揮されない、すなわち抵抗性あるということでインスリンの抵抗性と呼ばれています。
その抵抗性をなくするのですから歯周病を治療することは非常に大切だといえます。みなさんもこのことを踏まえ、まずは歯周病ケアから始めてみましょう。